トップページ 会社概要 施工実績 お問合わせ

会社概要
会社概要
KINOKEN通信





 

1978年に起こった宮城沖地震の被害を教訓に、今後起こりうる大地震に備えて昭和56年(1981年)に「建築基準法」が 大改正されました。その為、昭和56年5月31日以前に建てられた木造住宅には「耐震性」の不安が指摘されています。
現在では各市町村の主体で、老朽化した木造住宅に対して無料の耐震診断を行っています。

昭和56年以前の建物の構造基準は「旧耐震基準」と呼ばれ、現在の耐震基準と大きく違う所は以下の理由が大きいと思われます。

● 年月により建物自体の老朽化が進み、壊れやすくなっている事。

● 「基礎」「壁」「接合部」の部分で建物を支える上で重要な箇所の改善が必要になる為。

● 「旧耐震基準」では接合部の金物取付の義務がなかったり、土塗り壁で筋交(すじかい)が
少なかったり、基礎が無かったりなどの家が多くみられる為。 

現在、ほとんどの市町村では木造の無料耐震診断が実施されています。
老朽化した住宅は大規模地震により倒壊の危険性が高く、住宅の倒壊により尊い家族の命を失わない為に も、我が家がどれくらい地震に耐えることが出来るのかを知ることが必要です。
それらを知ることが「耐震リフォーム」への第1歩です。

地震による死亡の原因は家屋の倒壊による圧死ばかりとは言えません。
倒れてくる家具の転倒での圧死も少なくないのです。
家具の配置、固定方法などを家族で確認するのも良いでしょう。

● 和室の場合、部屋にある柱や長押(なげし)を利用して家具の固定を
  すると良いでしょう。
  固定する柱が無い場合は家具の上に「突っ張り棒」を使うと便利です。

●寝室にタンスや収納などの大きな家具がある場合は
 ベットは家具の側方か又は家具の高さ以上に離れた位置に配置を
 すると良いでしょう。

● 洋室では柱が無い場合があります。そんな時は壁を叩いて下地を
  確認してから家具等を金物で固定して下さい。

● 食器棚の扉のガラスも地震時には凶器になります。ガラスに「飛散防
  止フィルム」を貼り、ガラスによる怪我を防ぎましょう